人気ブログランキング |

ポンキモ《小喜茂別岳》

1月21日、ポンキモ《小喜茂別岳》に行って参りました。



f0359727_20553283.jpg





f0359727_20571514.jpg
車のナビ映像です。




f0359727_20580716.jpg
ここの駐車場に停めました。かなり広く、除雪もされてました。
ここから、札幌方面に400〜500m車道を歩いて戻り、橋を渡って左側が取り付きポイントになります。




f0359727_20590538.png
ルート的にはこんな感じです。

車道を歩いて戻っている箇所があります。





f0359727_21003385.jpg
誤解を恐れずに発言させて頂けるなら、自然の中を気持ちよく歩き、自然を満喫して登る登山者としてみれば、スノーモービルは天敵です。

今日のスノーモービルの跡も、小さな木々をなぎ倒して、その幼木には致命的な傷が有り、悲しくなりました。

自然に危害を与えないスノーモービル乗りもいるでしょうが、自然を大事に出来ないスノーモービラーは乗る資格は無いです。




f0359727_21011638.jpg
半分も歩いて無いが、小喜茂別岳の看板と思いきや、上が尖っていて、山頂はまだまだ上だよ〜〜!の看板でした💦
紛らわし💦一瞬焦りました。




f0359727_21022765.jpg





f0359727_21073271.jpg





f0359727_21080528.jpg
もう少しで山頂。頑張る頑張る!




f0359727_21031671.jpg
小喜茂別岳山頂が見えました〜〜!




f0359727_21055290.jpg
やりました〜〜小喜茂別岳山頂到着です。




f0359727_21100044.jpg
f0359727_21102134.jpg
山頂からの景色ですが、今日はLUMIXのメモリーカード容量無くなり、またもやiPhone 6で撮影なので、景色はこの2枚。




f0359727_21104352.jpg
下山中に一枚。




f0359727_21110691.jpg
急坂はお決まりの尻滑り〜〜!




f0359727_21114727.jpg
しばらく下り、車道が見えて来ました。




f0359727_21122344.jpg
ここが、一番危ないかも〜〜車道脇を歩き駐車場に戻ります。



f0359727_21125659.jpg
車に戻ると、相棒のyo-が生姜湯を用意してくれました。冷えたからだがあったまりました。


by matu-mont | 2017-01-21 23:15 | 登山

1月14日、奥盤渓山〜砥石山〜盤渓山に行って参りました。
f0359727_20090344.jpg



13日の金曜日(~_~;)会社の強制飲み会に参加せざるを得なく、21時まで拘束され、とてもつまんなかったのでスーツのまま、一人二次会を開催!


f0359727_20090424.jpg




f0359727_20090599.jpg
焼き鳥は映っていませんが、焼き鳥、豚串、塩キャベツ、ビール🍻と焼酎で、気分を良くしてると

山友から連絡で明日登山したいなぁ〜〜と

誘われたら行きましょう〜行きますとも‼︎




f0359727_20090658.jpg
山道具をいつもマイカーに搭載して、いつでも登山行けますよ状態なのですが、職場の近くの駐車場に車をお留守番させているので、まずは登山道具の詰まったマイカーを取りに行くのです。

14日の早朝は耳が👂ちぎれるくらい寒かったよ。急ぎます。








f0359727_10122766.jpg
盤渓山の登山口に10時に到着!今日はyo-さんと笑顔が素敵なmasappoさん。
行きには盤渓山はスルーして、先に奥盤渓山、砥石山の順に行き、体力温存作戦です



f0359727_20090619.jpg
奥盤渓山の急斜面を頑張って登るmasappoさん



f0359727_21001952.jpg
まずは一山目、奥盤渓山〜〜✌️



f0359727_20090774.jpg
次なるは、砥石山に向かいます



f0359727_20090841.jpg
砥石山に取り付く手前の広〜い雪原に、思わず背中からダイブ‼︎
子供の頃やったな〜〜サイコーに気持ち良かった〜〜



f0359727_20090868.jpg
砥石山の急斜面に向かいます



f0359727_20090929.jpg
急斜面で膝ラッセル、たまに股まで埋まるを繰り返し、頑張る!


f0359727_21002037.jpg
2山目!砥石山到着👍



f0359727_21002105.jpg
そして、奥盤渓山に戻り盤渓山は3山目として立ち寄ったが、この日はiPhone 6での撮影のため、景色撮らなかったのは残念ですが、3人で協力しあって3山縦走。
急遽決定の山行でしたが、とても楽しく登れて良かった〜〜‼︎

by matu-mont | 2017-01-21 23:00 | 登山

北白老岳

大変お久しぶりの更新になります。

今年もどうぞよろしくお願い致します012.gif

さてさて、実は私ことmatu-montは冬山もちょびっとやってます。

今回は北白老岳に登って参りました〜〜‼︎


f0359727_20363949.jpg





f0359727_20210109.jpg
まずは、滝笛トンネル出口の駐車場からスタート!
今回も相棒はyo-さん!



f0359727_20214654.jpg
林道を経由し、奥の急登を目指す。最初はなだらかでウォーミングアップ👍



f0359727_20222250.jpg
それでも、急登を超え、送電線の下を通過致します。



f0359727_20230097.jpg
送電線を右に巻いて行くと、ピークが見えるが、これは本ピーク手間の偽ピークです。



f0359727_20233977.jpg
左下は絶壁なのです。



f0359727_20244110.jpg
何とか、偽ピークを攻略し、北白老岳、本ピークが姿を現わす!



f0359727_20253325.jpg
そこから見える、左に白老岳。右奥に南白老岳。



f0359727_20263410.jpg
木々は雪化粧



f0359727_20281718.jpg
北白老岳、本ピーク行ったるぜ〜〜‼︎



f0359727_20290148.jpg
雪庇発達中ー!注意っすね!



f0359727_20293512.jpg
北白老岳山頂へ無心で登る、相棒のyo-!



f0359727_20301643.jpg
遂に〜〜北白老岳登頂〜〜‼︎



f0359727_20305358.jpg
先ずは、太平洋〜〜!



f0359727_20312728.jpg
左に風不死岳!右に樽前山!この角度から見るのは、初めて〜〜感動〜〜(^。^)



f0359727_20315669.jpg
紋別岳!この山は年5回は登ってる、my home mountainの1つ。



f0359727_20323334.jpg
そして、山頂から見えるお隣のお山の白老岳〜〜‼︎

次は白老岳にロックオン〜〜!!



f0359727_20352018.jpg
この景色を見ながら、素晴らしい達成感!至福の時‼︎



f0359727_20372947.jpg
北白老岳素晴らしい山でした。また来よう是非に!

by matu-mont | 2017-01-10 21:10 | 登山

28年8月13日、旭岳から黒岳へ、そしてまた旭岳へ帰還する。これを日帰りでやってみたかった。

全行程23.56㎞、10時間半歩き(別に休憩40分)御鉢平を反時計回りに一周しました。

この日は、すこぶる体調不良でしたが、黒岳に到達し、山頂から層雲峡温泉を見下ろした時は、感動ひとしおでした。
f0359727_23275020.jpg



f0359727_23281462.jpg
旭岳ロープウェイの始発(6時発)で姿見駅に到着。
姿見の池に映り込む、迫力の旭岳。
旭岳は、標高北海道No. 1の2290mです。

f0359727_23284971.jpg
今回で通算4回目の旭岳山頂に到着。体調不良で1時間50分もかかってしまった。ここで20分タイムロス。


f0359727_23292641.jpg
旭岳山頂から、姿見の池方面を見下ろす。


f0359727_23301505.jpg
10分休憩後、御鉢平に向けて旭岳を下ります。お盆なのにまだまだ残雪多し。


f0359727_23304941.jpg
これから向かう黒岳を望遠で。遠い…


f0359727_23311786.jpg



f0359727_23313623.jpg
こちらは北海道No. 2の北鎮岳2244m。


f0359727_23320116.jpg
左、安足間岳。右、比布岳。


f0359727_23323003.jpg
御鉢平の景色。


f0359727_23325724.jpg
正面に北海道No. 3の白雲岳2230m
本日は白雲岳には寄りません。


f0359727_23333323.jpg
黒岳への中間地点の、北海岳に到着しました。


f0359727_23335118.jpg
比布岳の辺りに、雲が湧き始めてきました。


f0359727_23351366.jpg
雪解け水で増水してる川を渡渉。せせらぎに癒され


f0359727_23353283.jpg
渡り終えるとお花畑が待っていた。何だかここだけ春のよう。
これが、《カムイミンタラ》と呼ばれる所以なんでしょうか?
お花畑を後にして、いよいよ黒岳へ!


f0359727_23360921.jpg
念願の黒岳!
旭岳からは遠かった〜でも、感動感動!


f0359727_23363304.jpg
黒岳から、北大雪の《ニセイカウシュッペ山》
次回のターゲットは、通称《ニセカウ》に決定!


f0359727_23370144.jpg
黒岳石室。呑みゴコロ惹かれる、ビール看板。
旭岳に戻るの辞めて、ここでビール三昧したい衝動抑え、とぼとぼ歩を進める。


f0359727_23372632.jpg
黒岳石室から、桂月岳。未踏だったので登りたかったが、残時間と残体力余裕なしと判断。桂月岳はまたの機会に。


f0359727_23381637.jpg
北鎮岳分岐の急登の残雪は、慎重に登ります。


f0359727_23384681.jpg
振り返り、凌雲岳、桂月岳、奥に黒岳。


f0359727_23391448.jpg
北鎮分岐から北鎮岳。大雪山系の中で、ここの山頂からの景色が一番のお気に入りだが、今回はパスしました。


f0359727_23393380.jpg
雲のある景色は、迫力があって好きです。


f0359727_23395585.jpg
間宮岳方面の残雪が、白馬に見えた。


f0359727_23401725.jpg
中岳からの御鉢平。


f0359727_23404248.jpg
中岳温泉に向かって高度を下げて行く。渓谷がまた迫力ありました。


f0359727_23410890.jpg
渓谷を眺め、その中に降りていく。


f0359727_23413462.jpg



f0359727_23451963.jpg
中岳温泉を過ぎ、お花畑を突っ切ります。綺麗なものを見ると少し元気になります。


f0359727_23454603.jpg
山旅の最後に、旭岳の勇姿も拝め、満足の大雪山縦走となりました。

by matu-mont | 2016-08-26 10:40 | 登山

雲海の上の紋別岳

7月23日、天候はイマイチでしたが、完璧な晴天ももちろん良いが、雲がある時は雲が景色のスパイスになってもっともっと良い景色が拝めるかも?と、
支笏湖にある紋別岳に、ヤマレコで一緒に登って頂いてます、masappoさんと一緒に雲海カフェを堪能させていただきました!
f0359727_23392692.jpg
紋別岳山頂からの、恵庭岳がたまりません!




f0359727_23395066.jpg
登り始めは、雲の中でしたが、5合目付近から、紋別岳山頂が見え始めテンションアップ⤴︎


f0359727_23401172.jpg
紋別岳山頂に到着すると、対岸の樽前山と風不死岳が雲海の上に!


f0359727_23410184.jpg

f0359727_23412376.jpg
紋別岳山頂です。
masappoさんの山頂看板の紋別岳865mの文字は、真っ黒クロスケ。ゴメンね。


f0359727_23423015.jpg
f0359727_23425885.jpg
何回も紋別岳を登ってますが、こんな素晴らしい雲海は初めてでした。


f0359727_23435534.jpg
山頂から恵庭岳。


f0359727_23463178.jpg
f0359727_23481200.jpg
雲海に浮かぶ山々。素晴らしい。
f0359727_23485863.jpg
f0359727_23492299.jpg
f0359727_23501364.jpg
雲海と青い空
f0359727_23503660.jpg
Coffeeのお代わりで、まったり景色を堪能しました。


f0359727_23511160.jpg
名残惜しいですが、下山ですね。今日の紋別岳は最高に素晴らしかったです。
f0359727_23513370.jpg
すごく良い景色でした。山の最後に、ありがとうの握手。

by matu-mont | 2016-07-28 22:55 | 登山

無意根山《元山コース》

f0359727_23000817.jpg
7月9日、札幌で2番目に高い、無意根山(1464m)に行って来ました。
最近は土日といったら悪天でこの日も、午後から雨予報。
山頂到着時は、ギリギリまだ晴れ間が拝め、遠く羊蹄山は雲の上からちょこんと山頂が見えていました。

今日は良い景色が見れて良かった!苦労して手に入れる風景は、登った者の特権だと思います。

f0359727_23022548.jpg
ヤマレコ名、私(matu-mont)と、yo-さんと、zeropo7さん。よろしくお願いします!


f0359727_23025980.jpg
登り始めてすぐに、ツルアジサイ。


f0359727_23035813.jpg
途中、大沼が見えるのだが、木や葉っぱが、ちょっと邪魔でした。


f0359727_23043915.jpg
道幅は広い。山頂までもう少し。


f0359727_23052782.jpg
景色堪能中の、zeropo7さん,


f0359727_23062399.jpg
旧山頂(1461m)到着!


f0359727_23064158.jpg
無意根山山頂。青いのが私です。


f0359727_23080934.jpg
景色を見ながら、贅沢ランチにします!


f0359727_23084688.jpg
羊蹄山は頭ちょこんと。


f0359727_23091359.jpg
中岳。今シーズンの冬に挑戦したいなぁと思います。


f0359727_23105881.jpg
予報通り、ガスが入ってきました。急いで下山開始です。


f0359727_23112725.jpg
新山頂(1464m)へ向かいます。


f0359727_23115892.jpg
新山頂到着です。



f0359727_23122873.jpg
新山頂奥の、気持ちが良い斜面。


f0359727_23125355.jpg
f0359727_23131643.jpg
f0359727_23133471.jpg
そこにひっそり咲くお花達。


f0359727_23140182.jpg
薄別コースの元山コースの分岐点辺りで、ヘリによる救助活動を目の当たりにした。
ご無事だと、良いのだけど。


f0359727_23143406.jpg
下山途中、定山渓天狗山。迫力あります。


f0359727_23145946.jpg
振り返って、無意根山。あそこから下りて来ました。


f0359727_23162426.jpg
みんな無事に下山できました。
お疲れ様〜ありがとう!








by matu-mont | 2016-07-12 00:15 | 登山

雲の中の樽前山

7月2日、雲の中の樽前山に行ってきました。絶景を堪能できる晴れの登山ももちろん良い。だが、周りをガスで囲まれ、しっとり歩く雲の中も、良いものである。
f0359727_22303075.jpg



f0359727_22310984.jpg
6時25分、樽前山東山へ出発!


f0359727_22314049.jpg
樹林帯を抜けて、展望が良くなる…はずだが?
今日はくもりは想定内。9時から雨予報なのだから。ルートと時間を考えても、2時間半あれば予報通りなら、雨に当たらず下山できるだろう。
少しながら支笏湖が見れた!


f0359727_22322806.jpg
どこのお山でも、階段が歩幅に合わない。ここの階段も例外では無く…樽前山の階段は大股が多いかな?

山頂は雲の中。これも想定内。


f0359727_22330590.jpg
雲の中を歩きます。景色を見れないのは残念ですが、なんだか集中して歩けます。


f0359727_22334267.jpg
樽前山東山に到着!爆風なので、写真を撮ってそのままスルー。


f0359727_22343344.jpg
左からの爆風に傾いた訳ではありません。


f0359727_22352607.jpg
爆風が段々心地良くなってまいりました。


f0359727_22355651.jpg
爆風に耐えて、頑張って咲いているよ。


f0359727_22363628.jpg
西山にも、932峰にも寄れませんね。下山を選択します。


f0359727_22374401.jpg
f0359727_22384557.jpg
下山途中やはり支笏湖ブルーは拝めない。白いベールをまとったままです。


f0359727_22391728.jpg
今日の太陽。これが精一杯のようです。


f0359727_22462276.jpg


f0359727_22474256.jpg
下山中、山頂方面は特濃な雲たちに囲まれています。


f0359727_22485230.jpg



f0359727_22495987.jpg
来た道を振り返って。段々雲が降りてきています。


f0359727_22510540.jpg
強風時の樹林帯は、安全地帯。森の重要性を知ることができる瞬間である。(夏の無風時には辛いものがあるが…)


f0359727_22520934.jpg
雨には全く当たらず、下山できました。


f0359727_22525584.jpg
下山後に見た看板。

活火山なんですよね〜常に注意と心構えを怠らないようにですね。





by matu-mont | 2016-07-05 23:25 | 登山

神居尻山

f0359727_17152350.jpg
6月12日、神居尻山に行って参りました。  


f0359727_21551706.jpg

まずは、登山者用駐車場が設けられてる【学習センター】の横に駐車。


f0359727_18112459.jpg
コテージを横目に車道を5分程歩くと〜

f0359727_18125835.jpg
Aコース登山口を通過して、さらに5分程で

f0359727_18132807.jpg
B・Cコースの案内標識通過します。


f0359727_18154762.jpg
橋を渡ります。


f0359727_18161934.jpg
滝とは呼べないでしょうが、水が流れ落ちる音は癒されます。最近滝にはまってるようです。


f0359727_18172395.jpg
Bコース登山口に到着。Bから登り、Cで下山のルートにしました。


f0359727_18175448.jpg
Bコースは中々の急登がずーっと続きます。太ももを90度以上曲げる場面も有りました。基本階段は好きではないが、それでも有難いですね。


f0359727_18183343.jpg
標高700m樹林帯を抜け、開けた所にある休憩所。階段はあるのだが、直登り上等な急登にベンチで休憩の【ヤマレコ名】yo-さん。


f0359727_18192549.jpg
ベンチのある休憩所の案内標識。山頂まで1.6キロ。これから良い景色を見ながらの稜線歩きのはずが…


f0359727_18195968.jpg
ガスってますね〜景色ありません…

さらに、Cコース分岐までの階段はとってもミニマム。段を飛ばすと何となく疲れて、ミニマム階段を一段一段行くと歩幅ミニマム、ヨチヨチ歩きのよう。ヨチヨチ階段と命名したのだった。


f0359727_18213090.jpg
B・Cコース分岐まで来ましたが、いっこうにガスは居座ったままなので、
【ここからの景観看板】を見ながらの脳内絶景を楽しむのであった。


f0359727_18215607.jpg
山頂直下のお花。まだまだ勉強不足。花の名前はわからないが綺麗な事には変わらない。花にも少し興味が湧いてきました。

超強風と、強風小雨。撮影終了。


f0359727_18223862.jpg
神居尻山山頂〜*\(^o^)/*
 
2ヶ月ぶりの登山。 強風も小雨も階段も全てが楽しい!やっぱり山が好き!


f0359727_18243687.jpg
下山はCコース。階段、急登はところどころ有りますが比較的優しい登山道です。稜線歩きはとても少ないので簡単ですが、オススメとは言わないです。

今度は稜線いっぱいのAコース〜Bコースなんてのも良いかも知れません。


f0359727_18245599.jpg
林道途中で晴れ間。あ〜恨めし。


f0359727_19432014.jpg
駐車場安着!


f0359727_18232359.jpg
やはり下山したら晴れるの法則?
神居尻山気に入りましたし、稜線からの景色を全く拝めてないので、リベンジ決定なので次回必ず!


f0359727_19590167.jpg
下山後、道民の森を満喫、総合案内所へ。


f0359727_20004684.jpg
そこから、素晴らしく整備されたフィールドに気になるアイテム❗️


f0359727_20013249.jpg
これでした!勿論満喫!5分だけでしたが 
ここで読書したい!
いや、漫画でもいい!
いや、ただノンビリしたい!
お気に入りの場所見つけました。

登山、野鳥、お花。

ノンビリ…いいところ


f0359727_20022731.jpg
神居尻山と道民の森を後にしました。必ず再訪します





↓歩いたルートのgpsログの載せ方わからないので、ヤマレコを参照して下さいね。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-897258.html


by matu-mont | 2016-06-12 16:51 | 登山